徳島の病院・歯医者・介護情報なら 「とくしま病院ガイド すこから」

すこやからだTOP > インタビュー > 腰痛

今月のインタビュー【バックナンバー】
kajikawa02b_1603

お話をお伺いしたのは…

かじかわ整形外科 梶川智正院長

腰痛

原因不明の腰痛に見舞われて

毎日の生活がとっても憂鬱に…

現代の社会人たちを悩ませる腰痛。その種類には、原因が特定できる「特異的腰痛」と、はっきりとした原因がわからない「非特異的腰痛」に分けることができます。このうちの実に85パーセントが非特異的腰痛と言われていることからも、腰痛はさまざまな生活習慣が引き起こす現代病の一つと言えそうです。

 

腰痛の85パーセントが原因不明

悪性腫瘍が原因となっていることも

ぎっくり腰のように、ある日突然発症するものから、慢性的な痛みが続くものまで、腰痛の症状も人によってさまざま。まずは腰痛の原因を特定することが、症状改善への近道となります。たとえば、具体的な病名が付く「特異的腰痛」の代表的なものとして、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄、腰椎分離症などが挙げられます。痛みの原因がはっきりしているため、専門的な治療を受けることで大きな効果が期待できます。まれに大腸がんやすい臓がんといった内臓系、膀胱がんや前立腺がんといった泌尿器系、また乳がんなどの悪性腫瘍が腰痛を引き起こしていることもあるので、頑固で持続する痛みがあればすぐに検査を受けるようにしましょう。

一方、ほとんどの腰痛の原因となっている「非特異的腰痛」の場合、問診や検査、治療(リハビリなど)を重ねながら、最善の治療方法を探していくことになります。これまでは、関節や筋肉への負担が腰痛の第一原因と考えられてきましたが、最近では心理的・社会的な影響も腰痛と密接な関係にあると考えられています。

 

なるべく腰を冷やさない 腰に大きな負担を掛けない

腰痛を予防したり、すでに発症している痛みを和らげるためには、毎日の生活習慣に気を配る必要があります。特に大切なのが、なるべく腰を冷やさないよう心掛けること。気温の低い冬だけでなく、クーラーが効いた夏の室内も腰痛の危険と隣り合わせです。腰回りには、温かい下着などを着用するよう心掛けてください。

また、保育士や育児中の女性、肉体労働の方などに腰痛持ちが多く見られるのは、腰に大きな負担を掛けていることが大きな要因と考えられます。重いものを持ち上げる時は中腰の体勢にならず、必ず膝を曲げて持ち上げるようにしましょう。もし、腰に急激な痛みが走ったときには、安静が第一。痛みが治まればなるべく早く病院に向かうようにしてください。

 

主な腰痛の種類

原因が特定できる「特異的腰痛」

・椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄

・腰痛分離症

・がん

全体の85%がこのタイプ

 

原因が特定できない「非特異的腰痛」

・筋肉や骨盤の異常

・心理的ストレス  など

 

☆ものを持ち上げる場合☆

膝を伸ばしたまま重いものを持ち上げると、ぎっくり腰の原因に。おしりと膝を下ろしてから、ゆっくりと持ち上げましょう。

 

腰に痛みを感じたら

整形外科で診察を